潮産業特許工法[HWT溝法]で快適・省エネ・長寿命。

注文住宅並みの高気密・高断熱省エネアパートです。

HWT溝法説明図

●家の地下に車庫があってすごく寒い●地下車庫にしたいが、よく「床が冷えて寒くなる」と聞く●床が冷たくて冬は床暖房なしで生活できない

こんなことでお困りの方いらっしゃいませんか?

グラスウール断熱材の1番の弱点は結露した水分です。従来の構法では車庫の冷気でコンクリートスラブを伝わり結露を引き起こし、グラスウールが濡れて床が冷たくなるのは当然です。

壁には通気層を持っているのにどうして床には通気層がないの?そんな疑問をウシオホームは特許という形でご提案致します。

[従来工法]と[H・W・T構法]の比較

工法比較図


地震に強い金具で耐震性も抜群です。

筋交いプレートや火打ち石、羽子板プレートなど地震に強い金具を使っているので安心

入居者満足度の高い[内装・設備]はこちら

△ページの先頭へ

デザイナーズアパート【ノルフィーノ】 家族思いの健康住宅新基準【炭の家】 目に見えないところだからこそ丹念な施工【特許の家】

【小屋裏換気】

小屋裏換気をするイーブスベンツ。換気口自体を建物に取り付ける必要がなく、外観もすっきりします。この装置により、壁の全面からまんべんなく外の空気が入り、屋根裏の自然換気効率が良くなります。

【車庫基礎と床下間の断熱・気密】

車庫基礎の上は防風シートで断熱材を受けるので、床下の外気に触れることなく結露だけ排出します。下から伸びる配水管の淵にも気密処理し、隙間を徹底的に塞ぎます。

【車庫基礎の通気層】

外壁と同様に、車庫基礎に通気層を設け、冷気でコンクリートから伝わる結露を断熱材に侵入させないための工法です。車庫上が寒いと言われるのは、断熱材が結露で痩せてしまい、冷気が走るからなのです。

コンクリートスラブと壁・床のタイベックシート。連続張り合わせ部分にもテープ処理をします。

【小屋裏換気】

小屋裏換気をするイーブスベンツ。換気口自体を建物に取り付ける必要がなく、外観もすっきりします。この装置により、壁の全面からまんべんなく外の空気が入り、屋根裏の自然換気効率が良くなります。

【天井・床下気密】

1階天井と2階床にあたる所です。木材の伸縮による床、壁柱の隙間を先張り工法でラップしてしまえば、隙間風による1・2階床下室内への侵入は防げます。
風呂場の床下もラップ工法を採用。バスタブに張ったお湯も冷めにくく、省エネ効果がありガス代も安くなります。

【出窓気密】

北海道の冬は、出窓は寒いと言われます。窓の自重で窓枠に隙間ができてしまうからです。でも気密処理の対処なら大丈夫。

【気密BOX】

コンセントやストーブの排気口の部分に気密ボックスを設け、ボックスから伸びる配線部分にも気密処理を施します。当社施工の場合、コンセントの近くに煙草を近づけても煙は吸い込まれません。