「空気=安全」という幻想

人間は1日に約12,000リットルもの空気を体に取り込んでいます。

空気の幻想この空気に、じつは200以上の有害物質が含まれていることをご存じですか?近年問題となっているシックハウス症候群も、室内の空気に含まれる有害物質が要因といわれています。

人は、呼吸する空気を選り分けることはできません。安心して深呼吸できる空気環境を維持するためには、有害物質の除去と十分な換気が不可欠。

日本古来の知恵から生まれた
『炭の効果』に着目。

「炭の家」は、住宅内に敷設した炭の層に外気を通して上質な空気をつくりだす特許技術「炭1トン仕様カーボンエアクリーンシステム」で実現する、人と住まいの健康を守る住まいの理想形を提供しております。


「からだに快適な空気」には
お金と時間を負担する時代に。

ひと昔前は、水といえば水道水でした。しかし今や「安心して飲める水」を求めてお金を払うのが当たり前の時代。では、水と同様に生命を維持するために不可欠な”空気”はどうでしょうか。ひょっとしたら近い将来「安心して吸える空気」を得るためにお金を払う時代が来るかもしれません。

空気洗浄機メーカー・ダイキン工業の調査によると空気・水・安全のうち「将来最も心配なもの」として空気を挙げた人は全体の約3割。「おいしい・快適な空気を1ヶ月得るために支払ってよいと思う金額(左表)」を見ても、空気に対する危機意識は決して高いとはいえません。

しかし一方では全体の46%が清浄機を購入したり森林浴に出かけたり、中には引っ越しをするなど、何らかの形で「おいしい・快適な空気」を得るためにお金と時間を負担しています。

残念ながら今や「安心して吸える空気」が当たり前の時代ではなくなりつつあるのが現実です。だからこそ、毎日の生活環境における空気のクオリティが重要なのです。「安心して吸える空気」が当たり前の住環境を炭の効果で実現する「炭の家」を未来に向けて提案します。


「空気」について気になること

6割以上の人が、目に見えない空気の汚れが気になっている。

私たち人間が生命を維持するために必要不可欠な空気。文明の発達とともに人間を取り巻く空気環境も変化しています。住居の気密性能を向上させた結果、健康を脅かすたくさんのものが室内空気に潜むようになりました。

アレルギーを引き起こす原因となるカビやダニ、花粉など。さらに住宅や家具の塗料・接着剤に含まれるホルムアルデヒドは頭痛やめまいなどの症状がでるシックハウスという病気に。そして今最も注目されているのが、インフルエンザなどに代表されるウィルス。

私たちが目にすることができない空気を、炭の家では1トンの炭で空気の清浄化を実現。炭の効果が24時間365日、大切な家族の健康と快適な毎日を守ります。

なぜ、今 炭なのか?

歴史建造物

温故知新。炭と住まいの素敵な関係

炭写真

古来より燃料として日本人の暮らしを支えてきた「炭」。その歴史は、人類が火を発見した旧石器時代までさかのぼります。

今でこそ炭には燃料素材としてだけでなく、健康面や環境面でもさまざまな効果があることが広く知られていますが、古代の人々もそれを経験的に知っていたようです。たとえば死後4日程度の肌の弾力を保ったミイラが発見された中国湖南省の馬王堆古墳では5トンの炭が使われていました。また日本でも東大寺の正倉院や法隆寺などの歴史的建造物の床下に炭が敷きつめられています。

さらに資料をひもとくと、傷ついた動物たちが炭焼小屋に横たわって傷が癒えるのを待ったという伝説めいたお話も。ともあれ炭が持つ不思議なパワーは科学的にも実証されており、健康や環境を気遣う現代人の暮らしにもさまざまな形で炭の効果が復権を遂げつつあります。


いいこといっぱい、炭パワーの効果



1.空気洗浄効果
炭は目に見えないたくさんの孔があいた「多孔質」と呼ばれる構造になっています。 そのため表面積が非常に広く、ピーナツ1粒ほどの大きさでテニスコート1面以上にも及びます。 この無数の孔が空気中のホルムアルデヒドやVOCなどの有害化学物質を吸着・分解。 空気を清浄に保つ効果があるといわれています。
2.調湿効果
炭にあいた無数の孔は、空気中の余分な湿気を吸い取り、乾燥すると水分を放出して湿度を調節する働きも持っています。 世界最古の木造建築・法隆寺が高温多湿な日本の気候風土を生き抜いてきたのも、床下に敷きつめられた炭の調湿作用と無関係ではなさそうです。 高気密ゆえに湿気がカビやダニの原因になりやすい現代住宅にとっても見逃せないポイントです。
3.防腐効果
アルカリ性の炭は、害虫や腐敗菌の発生を予防。 過剰な水分を吸着して木材の耐久性を高めます。 さらに、酸化を防ぎ酸化している状態が元に戻る性質もあります。
4.マイナスイオン効果
マイナスイオンは脳内にα波を発生させることで心身をリラックスさせたり、疲労回復、抵抗力アップなどに働く、別名"空気のビタミン"。 炭の主成分である炭素は活発なマイナス電子を豊富に有しており、周囲にマイナス電子を供給することでマイナスイオンを増加させる働きがあります。
5.消臭効果
空気中に含まれるニオイの分子を吸着・分解してくれるのも多孔質の炭ならでは。 空気の流れがあると脱臭により効果的といわれており、「カーボンエアクリーンシステム」も炭の層を通して換気する構造となっています。 ご入居された方からは「焼肉の翌日でもニオイが気にならなかった」というご感想もいただきました。
6.赤外線効果
遠赤外線は物や人体の表面だけでなく深部まで温める性質を持っています。 炭火焼き料理がおいしいのも遠赤外線効果によるものですが、炭は火をつけなくてもそれ自体が遠赤外線を発しています。 炭入りの寝具が体によいといわれるのも、遠赤外線効果で体全体の血行が促進され、細胞の働きが活発になるためです。

キレイな空気が、家族の健康を守る「炭の家」。

住宅のすみずみまで「炭」の効果。24時間キレイな空気が365日続く、健康住宅。
その秘密は1トンもの炭を使ったカーボンエアクリーンシステムにあり!

シックハウスの原因になる有害物質の室内濃度0.01ppm未満を実現しています。

空気の循環イメージ図

室内の空気中には内装材などから放出されるホルムアルデヒドなど200以上の有害物質が含まれているといわれています。「炭1トン仕様カーボンエアクリーンシステム」では炭の吸着効果により、有害物質室内濃度を厚生労働省基準値よりも大幅に軽減。安心して深呼吸できる、健康住宅を実現しました。

北海道立総合研究機構との
共同開発により特許を取得したシステム。

炭の効果を最大限に引き出す「炭1トン仕様カーボンエアクリーンシステム」は地方独立行政法人 北海道立総合研究機構との共同開発で特許を取得した、画期的な換気システムです。1階床下と天井懐空間に総量1トンの炭を敷設し、外気を炭の層に通すことで上質な空気をつくり出した健康住宅です。

臭気検査

空気のクオリティを証明する全棟臭気検査を実施。

建築基準法で規制されている化学物質はわずか2種類のみ。シックハウス対策としてきれいな空気を確保するためには、最低でも5種類以上の化学物質の低濃度を確認する必要があります。当社では、室内空気化学物質濃度測定によりホルムアルデヒドなど5物質について0.01ppm未満である事を定期的に測定しております。お引き渡し前には全棟臭気検査を実施。確かな空気品質にこだわった健康住宅です。

炭の家の[性能・構造]はこちら[お客様からいただいた声]はこちら

△ページの先頭へ

カーボンエアクリーンシステム[炭の家]アライアンスパートナー募集

ホーム企画センターバナー北海道ハウス

デザイナーズアパート【ノルフィーノ】 家族思いの健康住宅新基準【炭の家】 目に見えないところだからこそ丹念な施工【特許の家】